2006年03月10日

短編集D

タイトル『夢のドリームマッチ』

はい、ついに始まりました。世界最強を決めるこの大会『C−1 グランプリ』(キャラ-ワン グランプリ)決勝がいよいよ開催です。

それでは、選手入場・・・

大きな耳が特徴のアメリカ代表、ミ〇キー選手!
ミ〇キー選手は昨日、浦安のホテルで休養をとっていたみたいで調子が良さそうですね・・・
そして、続いて入場するのは、対戦相手であるアジア代表、キ〇ィちゃん選手!
キ〇ィちゃん選手はミ〇キー選手のように世界的に有名ではないのですが、若者の間ではカリスマ的な人気がある選手で、一回戦で優勝候補のヨーロッパ代表、テ〇ィーベアー選手を倒し、今では熊殺しと呼ばれております。

あ〜っと、リング上では試合が始まる前というのに、ミ〇キー選手とキ〇ィちゃん選手のにらみ合いが続いております。
お互い気合が入っているみたいですね・・・

『カーン!』

ついに試合が始まりました。
お〜っと、ミ〇キー選手、キ〇ィちゃん選手の猫パンチを交わし、いきなりタックルに行った。
ミ〇キー選手、キ〇ィちゃん選手をうまく倒し、上からパンチの応酬だ〜!
これは、危ないんじゃないでしょうか・・・キ〇ィちゃん選手、記憶がとんでしまっている様子です。レフリー止めないと・・・やっと、レフリーが止めに入った!
あっ、ミ〇キー選手止めに入ったレフリーを突き飛ばし、上からのパンチをやめない!
なんて残虐な・・・試合を見に来た会場の子供達は悲鳴をあげています。
セコンドのドナ〇ドダックが止めに入った。しかし、ミ〇キー選手はパンチをやめようとしない。
お〜っと、これはどういう事なんでしょうか・・・ミ〇キー選手、今度は止めに入ったドナ〇ドダックを殴り始めた!
あ〜、リング上は血の海となっております。

あっ、気絶していると思われていたキ〇ィちゃん選手が立ち上がった。ミ〇キー選手は気づいていない様子だ。
キ〇ィちゃん選手、ミ〇キー選手に跳びかかった!
あっ!キ〇ィちゃん選手、ミ〇キー選手を食べ始めてしまった・・・ネコ科の本能が出てしまったのでしょうか・・・

『ピンポン・パンポーン!』

テロップ「お見苦しいものをお見せしてしまい申し訳ありません。ご覧の皆様にお詫びを申し上げます。」


−完−

posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。