2007年06月10日

幸せな二人

以前ブログにも書いていた結婚パーティーで流す映像の撮影日!

ベビーフェイスの演技派・平林鯛一クンの友達の結婚パーティーのね・・・


今までは感じた事のないスゲーイイ撮影でした。

終わった後に、制作費を自分に渡そうとしてくれたけど、キッパリ断った。

結婚へ向かう幸せな二人、それを支える最高の仲間、それを見て熱いものが込み上げてきました。
それを感じさせてくれた事で十分なのです。

お二人さん!

これから、二人で手をつなぎ、幸せな道を突っ走るのだぁ・・・
posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

笑顔2

笑顔ってイイよね?

笑顔の人がいる事で、みんなが笑顔になる・・・

その笑顔が広がって、世の中の人みんなが笑顔になったら、スゲー良くない?

人を勇気付けたり、人を癒したり・・・

笑顔はそんな力を持っている。

だから、自分は笑顔が大好きです!

posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

笑顔

自分はいつも笑顔でいたいと思っている。
だけど、実際、いつもはできていない。

小さな頃から・・・大学時代、東京に出てきた時期から、
いつも笑顔でいる人に元気をもらった!

付き合ってた彼女にフラれた時とか、仕事でうまく行かなかった時とか、
その人達の笑顔に癒されたのです。

そういう人達に助けられた自分は笑顔でいないとダメなのだ!
posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

ゴキ!

よーし、夕食でも作るぞぉー!

台所に立つとゴキブリが・・・
恥ずかしながら大きな声を出してしまいました!

クッソー!

ゴキブリめー!

ゴキブリホイホイを10個買ってきてやるー!

明日がお前の命日じゃぁ・・・
posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

変わるって事・・・

最近思うんですけど、

人って変っていくんだよねぇ・・・

変わりたくない!って思っていても、いろいろ生活していくうちに、どうしても変わっていってしまう。

まぁー、変わるってのは悪い事じゃない!

だって、変わらないって事は、人としての魅力も増えないって事だからねぇ・・・

だけど、自分自身、大事にしている事まで変えてしまったらいけないと思うのだ。

そんな自分は、自分じゃない別の人です!

だから、大事に思っている事だけは、いつも自分の中で大切に置いておくのです。
posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

偽善

「○○クンの優しさって偽善ぽくない?」と聞かれる。

「そんな事ないんじゃないかなぁー」って答えたんだけど、正直悲しい気持ちになりました。

人の優しさに、偽善なんてない!

「それを偽善だと思う心ってホント悲しいよ!」って言いたかったんだけど、そんな事言ったら気分を悪くすると思ったから言わなかったけどね・・・

人の優しさを、素直にありがたいと思う!

そういう考えでいる方が、幸せに生きていけるような気がするのです。

posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

恐怖体験

もうすぐ夏ですなぁ・・・

という事で、私、竹村が実際に体験した恐ろしい出来事を紹介したいと思います。

あれは、東京に来て最初のアパートでの話です。
駅から1分というのに、家賃が異様に安いなぁ〜と思い、お金のない自分は、そのアパートに決めたのです。
最初の日は引越しを手伝ってもらった後輩と一日を過ごし、何事も起こらなかったのですが・・・

2日目の夜、それは起こったのです。

ベッドも買っていない自分は布団を床にひき、寝ていました。
すると、引き戸の向こう側の台所からゴソゴソという音がし、目を覚ましました。
誰もいないはずの台所から音がしたので、自分は恐怖を感じたのです。
こういう時って変なもので、恐怖心があるにもかかわらず、その恐怖を与える物を確かめようとするもので・・・
怖がりながらも自分は台所へのドアを開いたのです。

すると、目の前にある台所には誰もいない。

気のせいだったのかと思った瞬間、自分の横を通り過ぎ部屋に入ってくる何かの気配を感じたのです。

鳥肌が立ち、息もできませんでした。
恐る恐る自分の部屋へと振り返ると、そこにはやはり誰もいなかったのです。

やっぱ気のせいだ!

引き戸を閉め、まだ恐怖感が残っていた自分は即布団の中に入りました。
眠ろう眠ろうとするのですが、なかなか眠れない。

その時・・・

足元に何かが触る感触があったのです。
全身が凍りつきました!

ゆっくりと、ゆっくりと、布団を持ち上げ、足元を見ると、

そこには、なんと・・・

ネズミがいたのです!

「ギャァー!」

自分は大声を出してしまいました。

そのネズミは部屋の何処かに逃げてしまったのですが、その晩は、あまりにもの気持ち悪さに、布団で横になる事ができませんでした・・・


コレが実際に体験した恐怖体験です。
posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

妹!

夢を見た。

妹の結婚式に、兄として出席する夢。

実際には男三兄弟で、妹なんかいないのにねぇ・・・

いきなり、兄である自分のスピーチを呼び込む声から始まった。
「妹?」って思いながら、新郎新婦の横にあるマイクの所に歩く自分は、新婦である妹を確認したんですけど、ぼやけていてよく顔がわからないのです。
マイクの前に行ったんですけど、実際には妹がいないので何をしゃべってイイのかわからない。

すると、実際ではいない妹との思い出が頭の中でフラッシュバックのように浮かんできた。

妹が生まれて喜ぶ自分・・・
妹とケンカをする自分・・・
妹から彼氏を紹介される自分・・・
など、
いろんな思い出が頭の中に浮かんでくる!

実際にはない思い出なんですが、なんか嬉しいような、悲しいような・・・
夢の中で、自分は涙を流ました。

そういった思いの中、目を覚さめたのです。

夢だけど、かなり貴重な体験をしました。
実際に妹がいたら、こんな思いをするんだろうなぁ・・・
posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

自分の行動

道を歩いていると、引越しの車が止まっていた。

目の前のアパートを見ると、10代らしき若い女の子が引越しをしている。

実家に戻るんだろうか?

この時期になると、毎年、引越しをする人を見る。
越して来るんじゃなくて、出て行く人・・・

毎日、毎日、いつもの帰り道を歩いているうちに、「このままではいけないんじゃないか?」って思い、地元を離れ東京へ来たけど・・・東京に寂しさを感じて地元へ戻る人達!!

望んでいたモノは手にできなかったかもしれないけど、他にいろんなモノを手に入れているんだよ。

それは、これから地元で生活していくにしても、絶対、心のかてになるから、
キミがとった行動は、全然無駄じゃない!

またいつかこの東京で何かを見つけたくなったら、また来ればイイしね・・・

どんなに迷い道をしても、自分のとった行動は絶対に正しいんだよ!
posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

金曜日の終わり!

時効警察を見る。

毎週見てるってわけじゃないんだけど、やっている時間帯に家にいれば必ず見ている。

新鮮なんだよねぇ・・・
テレビではあまり見ない役者が出てるし、設定にしても変わってるしね!

今回のシリーズから登場した新キャストもオモロイ!
人気シリーズでの新キャラって、結構微妙な事多いけど・・・

それにしても、警察署内の会話と間、それと、それぞれのキャラがたってるところがオモロイのです。

今日のは特に変わってたなぁ・・・

演出、誰だぁ?

エンドロール見る事忘れたぁー!
posted by 竹村文彦 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。