2006年03月24日

短編集F 『怖い話』解説

この作品は、結構前に部屋でボーっとしている時に書いた作品です。

ちなみに、この作品には続編があります。


タイトル『続・怖い話』

ある朝起きると、目が凄く乾燥していて涙が止まりませんでした。机の上にある目薬を取り、ふたを取り、目の上で押してみたんですが、なかなか落ちてこないのです。

目を凝らして見てみると・・・

私は木工用ボンドを目に点そうとしていました。
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短編集F

タイトル『怖い話』

その日は秋だというのに蒸し暑い夜で、なかなか眠る事ができませんでした。
私は、窓を開け、少しでも涼しい風を入れ、再び布団に入り眠りにつく事にしました。

「ポチャン!ポチャン!」

あれは、深夜の2時を過ぎた頃、雨音に目が覚め、私は慌てて窓を閉めました。部屋の中は数時間前の蒸し暑さは消え、寒いくらいでした。
少し目が覚めてしまった私は、真っ暗の中テレビのリモコンを手に取り、テレビを付けました。深夜なため、特に面白い番組もやってるわけもなく、音量を下げ、ベッドに横になったままなんとなく、ボーっと見ていました。
しばらくすると、テレビの画面は砂嵐の状態になっていました。

私は少し寝ていたようで、時計を見ると2時半、今日はやけに放送が終わるのが早いなと思いながら、リモコンを探したのですが、なかなか見つかりません。ベッドから起き上がり、いろいろ探したのですが、それでも見つからないのです。

真夜中に探している自分がバカバカしくなり、結局、床に転がっていたDVDのリモコンに付いているテレビ電源で消しました。無駄な時間を過ごしたなと思いながら、ベッドに戻り横になった瞬間、再びテレビが付き、砂嵐の画面になったのです。

私は恐ろしくなり、しばらく横になったまま動けませんでした。それというのも、テレビが勝手についたというだけでなく、足元に何か冷たいものを感じたのです。
毛穴が縮み、震えが止まりませんでした。私は怖いながらも勇気を出し、体全体の力を上半身に集中しながら布団を持ち上げました。

自分の足に触れていた冷たいものというのは、少し前に探していたテレビのリモコンでした。
勝手にテレビがついたのはベッドに入った瞬間、布団の奥の方にあったテレビのリモコンを押したみたいだったのです。

「はぁ〜」

すっかり目が覚めてしまった私は少しお腹が空いてしまいました。電気をつけないまま、その日の夕食の後に食べていたスナック菓子の袋を手に取り、その中身を食べ始めました。

しばらくそのスナック菓子を食べているうちにそのスナック菓子の袋の中から何かの音が聞こえました。暗い中、ゆっくりその袋の中を覗くと、中には数匹の蛾がいました・・・

窓を開けていた際に部屋の中に入ってきたみたいです。私は気づかないうちにその袋の中にいた蛾を食べていたかもしれないと考えると、怖くて怖くて仕方がありません。

-完-
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。