2006年03月03日

短編集C 『明日は雨…』解説

この作品は去年の秋頃、井の頭公園のベンチでタバコを吸っている時に、少し離れたベンチに寂しそうに座っている青年を見て思いつきました。

その寂しそうにベンチに座っている青年の事は全然知らないのですが、妄想番長でもある私、竹村は、その青年のおかれている状況を、勝手に妄想してしまいました。

これって作品って言ってイイのかな・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短編集C

タイトル『明日は雨・・・』

俺があいつと始めて会ったのはちょうど一年前。
長かったか、短かったかは、俺にはわからない。

久しぶりにかかってきたあいつからの留守電が、俺の足をこの公園に運ばせる。

風は思った以上に冷たい。
しばらく誰も座っていないだろうベンチは冷えきったまま。
それでも、いいのさ・・・今の俺にお似合いのベンチだ。

あいつが何を言うため、ここに呼んだのかはわかってる。
風が全部教えてくれたから・・・

ベンチに座った俺には、黄色い夕日に照らされながら、自分勝手に舞う落ち葉を眺める力しか残らない。

そんな俺でも空を見て笑顔を作ることはできる。
明日、雨だって知っているのに・・・


−完−
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。