2006年03月31日

短編集終了!

限定、2ヶ月間の短編集を載せていたのですが、一旦終了とさせていただきます。

また、幾つかのストックできたら毎週金曜日に載せていきたいと思います。

とりあえず、4月のイベントに集中だ!


ちなみに、ブログは今まで通りに続けていきます。
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

カルピス

最近、テレビで流れているカルピスのCMを知っているでしょうか・・・

長澤まさみが遊園地で一緒にバイトをしている先輩に恋をしているって設定みたいなんですが、最後にクマのぬいぐるみに入っている先輩にキスをするんですよ・・・

なんか、青春っぽくて羨ましい・・・その先輩になりて・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

エンターテイメント

最近、エンターテイメントってなんだろうと考える事がある。

制作者としてこの事を考えるのは当たり前か・・・

制作者がどれだけイイと思ったものでも、それが誰にも伝わらなかったら何の意味も持たないんだよね・・・

エンターテイメント・・・これって誰にでもできることだと思う。

自分の思いを誰かに伝えられれば、それがエンターテイメント。

だって、人の思いが人に伝わるって、それだけでドラマじゃね?


エンターテイメントな生き方をしている人って、なんかイイよね・・・

だから、自分は映像制作者として、人として、エンターテイメントを心がけている。
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

なっちゃん

なんか、この顔見てると落ち着くんだよね・・・

なっちゃん.jpg

あぁ・・・癒やされる・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

ハングリー!

夕食を食べたはずなのに、0時近くなるとまた腹がへってしまうのだ・・・

ピラフ.jpg

こんな、不規則な食事をしていて太らない自分が怖い・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

後悔・・・

私、竹村は今まで小さなウソをいっぱいついて来た。

小さなウソをつく自分は、ホント小さな人間だ!

そんな自分に後悔しているのだ・・・


これからは、おっきなウソをつき通せる人間になろう。

おっきなウソを突き通せたなら、いつの日か、そのウソは現実になるからだ・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

チケット発売!

本日、『C's JUMP vol.1』のチケットが発売された。

私、竹村含め、監督陣はかなり気合いが入っている。

なんか、わくわくする・・・気合いだ・・・


ちなみに、今回のチケット販売を受け付けるメールアドレスが昔のENJIYAの時と微妙に違うのですが、新しいメールアドレスですので、気にせず今提示しているアドレスに送っていただいて大丈夫です・・・


posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

短編集F 『怖い話』解説

この作品は、結構前に部屋でボーっとしている時に書いた作品です。

ちなみに、この作品には続編があります。


タイトル『続・怖い話』

ある朝起きると、目が凄く乾燥していて涙が止まりませんでした。机の上にある目薬を取り、ふたを取り、目の上で押してみたんですが、なかなか落ちてこないのです。

目を凝らして見てみると・・・

私は木工用ボンドを目に点そうとしていました。
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短編集F

タイトル『怖い話』

その日は秋だというのに蒸し暑い夜で、なかなか眠る事ができませんでした。
私は、窓を開け、少しでも涼しい風を入れ、再び布団に入り眠りにつく事にしました。

「ポチャン!ポチャン!」

あれは、深夜の2時を過ぎた頃、雨音に目が覚め、私は慌てて窓を閉めました。部屋の中は数時間前の蒸し暑さは消え、寒いくらいでした。
少し目が覚めてしまった私は、真っ暗の中テレビのリモコンを手に取り、テレビを付けました。深夜なため、特に面白い番組もやってるわけもなく、音量を下げ、ベッドに横になったままなんとなく、ボーっと見ていました。
しばらくすると、テレビの画面は砂嵐の状態になっていました。

私は少し寝ていたようで、時計を見ると2時半、今日はやけに放送が終わるのが早いなと思いながら、リモコンを探したのですが、なかなか見つかりません。ベッドから起き上がり、いろいろ探したのですが、それでも見つからないのです。

真夜中に探している自分がバカバカしくなり、結局、床に転がっていたDVDのリモコンに付いているテレビ電源で消しました。無駄な時間を過ごしたなと思いながら、ベッドに戻り横になった瞬間、再びテレビが付き、砂嵐の画面になったのです。

私は恐ろしくなり、しばらく横になったまま動けませんでした。それというのも、テレビが勝手についたというだけでなく、足元に何か冷たいものを感じたのです。
毛穴が縮み、震えが止まりませんでした。私は怖いながらも勇気を出し、体全体の力を上半身に集中しながら布団を持ち上げました。

自分の足に触れていた冷たいものというのは、少し前に探していたテレビのリモコンでした。
勝手にテレビがついたのはベッドに入った瞬間、布団の奥の方にあったテレビのリモコンを押したみたいだったのです。

「はぁ〜」

すっかり目が覚めてしまった私は少しお腹が空いてしまいました。電気をつけないまま、その日の夕食の後に食べていたスナック菓子の袋を手に取り、その中身を食べ始めました。

しばらくそのスナック菓子を食べているうちにそのスナック菓子の袋の中から何かの音が聞こえました。暗い中、ゆっくりその袋の中を覗くと、中には数匹の蛾がいました・・・

窓を開けていた際に部屋の中に入ってきたみたいです。私は気づかないうちにその袋の中にいた蛾を食べていたかもしれないと考えると、怖くて怖くて仕方がありません。

-完-
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

雨・・・

夕方近くなり、急に雨が降ってきた。

駅から家への帰り道。

結構雨が降っていたんだけど、私は傘を買わずに雨にうたれながら帰った。

なんか、凄く気持ちよかったなぁ・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

野球

テレビでWBCを鑑賞。

野球を見るのはかなり久しぶりだ!

やっぱ、日本代表ってのは心を熱くさせるね・・・ドキドキしました。

選手の気持ちがスゲー伝わってきて、最高に面白かった!

それにしても、イチローはカッコ良すぎる・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

最近、気温が上がっていたのか、少し暖かくなった気がする。

やっぱ、春だねぇ・・・

冷たくなっていた自分の心も、だんだん温かくなってきそうだ!

なんてね・・・

posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

スゲー風の強い日だったなぁ・・・

洗濯物も吹っ飛ぶし、最悪の1日。

こんな日はサプライズを見たくなる。

たとえば、ヅラが飛ばされ追いかけるオッサンとか、マリリンモンローの様に、風に吹かれるフリフリの長いスカートを押さえている女性など・・・

そんな人を見たら、1日中幸せな気分になれるのになぁ・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

好きな人!

私、竹村は平坦な道ばかりを歩いてきた人より、回り道をしてきた人や道に迷っている人に魅力を感じてしまう。

ぶっちゃけ、平坦な道ばかり歩いてきた人と話をしても、なんか面白くないんだよね・・・

回り道をしてきた人や道に迷っている人って、なんか人間味を感じるというか・・・生きてるって感じがするんだよね・・・

自分だって迷うことはたくさんある。

だから、自分は色々な悩みや不安を持った人が大好きだ!
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

225円

私、竹村は一人暮らしをしているのですが、料理は作りません。

一人暮らしをしている人・・・一人分の料理を作るのって、なんかめんどくさいよね?

だから、ほとんどが弁当を買うのですが、スーパーマケットにある弁当を買う。

意外と安いんだよね!それも遅い時間に買うと半額になる!

なんと、カツ丼が225円

カツ丼.jpg

安いよね・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

短編集E 『タバコ』解説

この作品は、去年の年末あたりに思いついた作品です。

自分もタバコを吸っているのですが、今になってみれば何で吸っているのか、まったくわからないのです。

体に良くないとわかっているのに、お金も結構かかっているのに・・・

たぶん、タバコを吸っている人で、タバコを吸う理由が特にないという人も少なくないと思います。

そういう人達の生き方の一部を少し描いてみたいな・・・と思い、この作品を書いてみました。
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短編集E

タイトル『タバコ』

親父が入院したって話を聞き、病院にきた。
病院って所は何処に行ってもタバコが吸えない。
吸える所と言えば、病院の人間の目が届かない屋上ぐらいしかない。

屋上で吸うタバコっていうのは高校の時以来だ。
同級生に誘われ、初めて吸ったのが学校の屋上。最初は大してウマイと思わなかったが、いつの間にか毎日吸うようになっていた。

俺も親父と同じでただのバカなのかもしれない。
親父はタバコの吸い過ぎのため、肺ガンで下の病室に入院している。
そのうち俺も肺ガンになって入院するのだろう・・・

俺が今吸っているタバコは『MILD SEVEN』。何の因果か知らないが親父と一緒のタバコだ。
小さい頃、俺はこのMILD SEVENが嫌いだった。

親父は所構わずMILD SEVENを吸っていた。食卓、リビング、トイレ、廊下、そのすべてでタバコの臭いがした。
幼かった俺はその臭いが嫌いで、毎日タバコを吸う親父にムカついてた。
リビングでテレビを見ながら親父がタバコを吸い始めると、俺はいつも咳払いをして別の部屋に行った。
そういう思いもあり、小さい頃に親父と親子の会話をした記憶があまりない。

そんな親父に一度だけキレた事は今でも覚えてる。
リビングで当たり前のようにタバコを吸う親父に我慢できなくなり、「お前のタバコはみんなが迷惑してんだよ!吸うんだったら、迷惑かからない所で、1人で吸えよ!」と言った事だ。
俺がその言葉を言った後の親父が、どのような表情をしていたかは覚えていないが、その日から親父は車の中でタバコを吸うようになった。

タバコを普通に吸うようになった今、あの時、俺に言われた親父の気持ちが、なんとなく分かる気がする・・・

「ガチャ!」(屋上のドアの音)

「こんな所で何やってんだ?」
「・・・親父・・・寝てなくて大丈夫なのか?」
「大丈夫に決まってんじゃねーか・・・もう退院らしいしよー!」
「・・・・・・」
「・・・なぁ・・・タバコ一本くれねぇーか?」
「何言ってんだよ!手術したばっかじゃねぇーか!」
「・・・イイじゃねぇーかよ・・・一緒に吸おうぜ・・・」

やっぱ、バカなんだろう・・・親父も・・・俺も・・・


−完−
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

カップル

夜の新宿駅内の通路を歩いていると、必ずキスをしているカップルを見かける。

通勤で夜の新宿駅を使う人・・・よく見かけるよね?

たぶん、それぞれの家に帰る前だと思うけど・・・人が多い所でするのはあんまり美しくない。

欧米か!
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

懐かしむ・・・

部屋をあさるとアルバムを発見!

懐かしいの・・・

中学校の時、高校の時、大学の時、いろいろあったなぁ〜!

でも、大学時代の思い出が今でも凄く強いなぁ・・・

あんまり連絡とってない友達・・・元気でいるかぁ〜?

まぁ〜、連絡とってない人はこのブログを見てないと思うけど・・・


懐かしみながらアルバムを見ていた時に思ったのだが、私が中学・高校時代には、靴箱のラブレター!とか、学ランの第2ボタン下さい!とか、よくあったんだけど、今の学生さん達の中で残ってんのかなぁ?

なくなってほしくねぇ〜な・・・

なんか、そういうの・・・イイっすよね・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

ちょい恥ずかしい!

またまた、ちょい○○と言う言葉について考えてみました。

たとえば、恥ずかしい・・・

この前、私、竹村が人通りのない道をボーっと歩いていたら、石につまずき、転んでしまいました。

まったく人には見られていないのですが、なんか・・・

ちょい恥ずかしい・・・
posted by 竹村文彦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。